サラリーマン大家NomansLandの投資日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファイナンシャル・リテラシー


災害時においては、都市部の勤め人というのは本当に脆弱です。
前回に述べた1から5までを一気に失うからです。

会社から給料がもらえなければその月から生活費に困ります。
給料をもらえていても、通貨危機やハイパーインフレといった経済危機(これも一種の災害)が来れば(多分生きているうちに来る、と私は思っています)、お金や証券も紙切れ同然となります。

そういう時に一番強いのは実物を持っている人です。
すなわち、農家、漁師、地主など。

特に農民は非常時には本当に強いですよね。
ベトナム戦争にせよ、中国の毛沢東の革命にせよ、農民というのは食うには困らないので、非常に打たれ強いのです。

兄も私も、ただちに実家に帰るつもりはないのですが、最近まめに帰省して老いた両親と今後のことをよく話し合っています。自分たち自身、そして次世代(子供たち)のためにも、その「打たれ強い」基盤を整備しておきたいと考えています。

そのために以下のようなグランドデザインを描いています(ごく要約です)。

1.労働集約型(フロー型)の仕事は本当に自分のやりたいことを選ぶこと。
(ただし、やりたいことを実現するための下積みならばそれもやりたいことに含まれる)

2.学校とか資格は労働集約型の仕事のための切符なので、必ずしも必須ではない。
(最低限の教育を終えていれば(中学か高校)、本当に必要だと感じた時に行けば(取得すれば)よい)

3.かならず資本集約型(ストック型)の収入源も確保すること。

4.一つの土地や組織(会社や学校)に物理的にも精神的にも縛られないこと。
(そのためには居住(移住)可能な土地(外国を含め)を複数もつこと。ただし、ホームタウンを持てることは幸せなこと)

5.災害でライフラインがダウンしても生活が維持できるスキルと体力を身につけておくこと。
(テント設営や長距離の徒歩可能な体力、食料の調達ルート、最低限の自炊能力、個人用ソーラー電源の利用法など)

6.土地や組織と同様、一つの通貨や資産形態に縛られないこと。特に通貨は幻のようなもの。
(不動産、金(ゴールド)、外貨と海外口座を準備する。特に純資産の最低1割は金と海外口座の外貨にしておく)

以上のような基盤を整えるため、子供の教育についても自分なりに考えています。

1.小中学生の時はモノポリーやキャッシュフローゲームのようなゲームで給与所得や不動産所得、資産といった概念に馴染みをもたせる。

2.高校年代から所有する不動産を見せたり、売買契約や決済の場に立ち会わせる。

3.成人したら小さな物件を自分名義で購入させる。物件探しも実印登録や売買契約も返済も(伴走はしますが)全て自分でやらせる。

4.就職し、経済的にも独立したら、本人か配偶者を、不動産を保有している法人の役員にし、経営を一緒にやらせる。

5.ファイナルリテラシーが身についてきたら、最終的には法人の経営権の委譲と株式の譲渡という形で資産を継承(実質的に相続)させる。

他にもありますが、かいつまんで書くと、以上のような感じです。

前に述べた競売物件の残置物処理に子供たちを連れて行って、作業を一緒にやったのもそのような意図がありました。

まあ、そういう戦略的なことを別にしても、子供と一緒に何かをやるというのは本当に楽しいです。

ともあれ、家族(両親、兄、かみさんと子供たち)にはいつまでも健康で長生きしてほしいものです。

そして子供たちには、勤め先の興廃だけに振り回されない、打たれ強い生活基盤を築き上げることを願います。
スポンサーサイト

リスクヘッジとしての別荘


実家の母は、競売物件のボットン便所は取り壊さないで残しておき(換気と便器はリフォームしますが)、災害時に備えたいと言っています。

この母は、生まれてから70代半ばの現在まで、外国はおろか、この町内からほとんど出たことのない人なのですが、時々世界を飛び回る高城剛さんと同じようなことをポロっといいます。

巨大地震、津波、台風、戦争(このご時世、絶対ないとは言えませんよね)、、まとめて災害と呼ばせていただきます。
生きているうちに一度も災害に見舞われない人はほとんど居ないのではないでしょうか。

災害に見舞われて、とりあえず命は助かったとします(ここまではある程度運次第ですね)。
次に困るのは、生活の回復と復興ですが、緊急性の高さの順で想像するとこんな感じでしょうか。

1.食料と水(救援物資を待つまでの備蓄はあるか。水は確保されているか)
2.住居(体育館、テント、車、復興住宅)
3.ライフライン(水道>電気>>ガス)
4.通信網(電話、インターネット、銀行、ATM)
5.流通網(ガソリンスタンド、宅配、コンビニ)

なんか、有史以来の人類のいとなみを見ているようですが。(^^)

話をもどすと、水の確保は実は生命維持の最優先事項です。
また、トイレも災害時に学校や体育館の避難場所でよく問題になりますね。

上下水道の基盤の上に立った水洗トイレというのはかなり脆弱な設備なのです。
トイレは生活に必須のものでありながら、災害時には使用できなくなる可能性がかなり高いと思われます。

私の実家には、普段生活している自宅の他に、海に近い所に別荘があります。
別荘といっても軽井沢なんかのイメージとは全然違うのですが。

競売物件の購入とリアルモノポリーで述べた、子供時代にケンカしながらモノポリーをやっていたところです。

ここは、実家から4キロほど離れた所にあります。
敷地内に井戸があり、上下水道は引いていません。
トイレは汲み取り式ですが、便器と換気の工夫がなされているので「ボットン感」はあまりありません。
まわりはミカン畑ですが、家庭農園をやるくらいの土地はタダ同然で借りられます。

先述の母は、災害時に兄や私や子供達が都市部の勤め先や学校で生活できなくなったらいつでもここに疎開してきたらよい、と言っています。

実際、田舎では普段使いの野菜や果物や魚などは近所の人がいくらでもタダでくれます。
井戸があって家庭農園でも作ればお金を出して買わないといけないのは肉と酒と調味料くらいです。
この別荘にソーラーパネルでも置けば、世の中がどうなっても、直下型の災害に見舞われない限り生活はしてゆけるでしょう。

次回はこういった打たれ強い個人インフラを整備するためのグランドデザインと教育について書いてみます。
(なんか、競売物件の回復からどんどん離れているなぁ〜 (;^_^ )

競売物件再生への道:トイレ

前回まで4回にわたってレポートした実家の隣家の競売物件の再生について。
道のりはまだ遠いのですが、これからはトピックをしぼって時々実況してゆきます。

この家にはトイレが2つあり、1つは水洗(下水)、1つは汲み取り式です。
汲み取り式の方は長年使われていなかったらしく、堆積した排泄物が粘土状に固まっているので汲み取り不可能とのこと。
(食事中の方、申し訳ありません m(_ _)m )
現在、水を大量に入れて軟化させているところです。
水分を吸って軟らかくなった頃合いをみてバキュームカーが出動して下さるそうです。

築年数の古い物件(長男が購入したボロ物件もそうでした)にはしばしば汲み取り式のトイレがついています。
現代の日本では、洋式にしても和式にしても、水洗が当たり前で、汲み取り式(いわゆるボットン)便所は使ったことすらないという人が多いのではないでしょうか。

最大のデメリットはその臭気でしょう。
実はこれは汲み取り式トイレに限らない話なのですが、簡単に解決します。
換気扇(汲み取り式の場合は臭突)を24時間回しっぱなしにしたらよいのです。
電気代は月々50円〜100円くらいと言われています。

次のデメリットは見た目。
構造的に便槽が見えるような作りの場合は目を背けたくなるような光景が眼下に広がっています。
これが嫌いだから(または怖くて)ボットンは使えないという人もいます。
これについては簡易水洗式の便器に変更すればOK。
ただ、この便器の購入と水回りの改造に少しお金がかかります。
条件にもよりますが、30万〜50万円くらいとされています。

では、汲み取り式のメリットはないのでしょうか。
あります。
災害へのリスクヘッジとなります。
上下水道などのライフラインが途絶えても使用できるということです。

電力についてはソーラーパネルを屋根につけたりして電力会社から自立することにこだわる方は多いのですが、トイレなどの水回りについては話題にすらならないのは不思議ですね。

物件再生から話がそれますので、次回は稿を改めてトイレを含めたライフラインのリスクヘッジについて書きたいと思います。

競売物件の購入とリアル・モノポリー4(最終回)


残置物の処分は業者さんに見積もってもらったら60〜70万円と言われていました。
そのコストを下げるために労働力を投入したわけです。
作業の完了にはあと2〜3週間かかるでしょう。

今後行わなければならないこと。
何と言っても、躯体の点検と水回り(キッチン・風呂・トイレ)の回復です。
その上で、壁や床などの張り替え、ドアや窓やシャッターの付け替え、階段の手すり、段差の解消、内装と進んでゆきます。

間違ってはいけないのは、この物件を将来どのように利用していくのかというグランドデザインです。
それによって上記の作業の方向性も全く異なってくるからです。

一番の目的は、数年後を目処にUターンを考えている兄と家族の住居としての利用。
ただし、兄は夫婦二人だけで暮らす予定ですので、この家の1階部分だけで十分です。

登記簿と競売時の3点セットを確認すると、この家は過去に大きな増改築が2階行われています。
トイレは2カ所、階段も2カ所設置されています。
2階だけで5つも部屋があります。
屋根裏の収納スペースも広いです。

したがって、リフォーム(というかリノベーション)のやり方によっては、いくつかの利用法が考えられます。

1.二世帯住宅にする(月貸しも出来るし、将来身内が移住することもできる)
2.アパートをつくる(月貸し)
3.ゲストハウスや民泊可能な個室をつくる(日貸し)

「競売物件の購入とリアル・モノポリー」は長くなってきましたし、今後も作業は続きますので一旦ここで終わります。

次回からは、新しいシリーズとして、この物件の再生への道を実況してゆきたいと思います。

競売物件の購入とリアル・モノポリー3


競売物件の後片付けのその後です。

自分は仕事があるので1月3日に次男とともにもどりましたが、長男は冬休みなのでもう少し片付けを手伝いたいと言って残留してくれました。
本日、母に電話したら一昨日まで手伝ってくれて帰ったそうです。

私が帰った後の残置物の廃棄について聞いてみました。

1.通常のゴミ回収に出せるものを少しずつ出している。
(燃えるごみ、生ゴミ、空きカン、空きビン、プラスチック)

2.自治体の焼却場に直接引き取ってもらうサービスも4回ほど利用した。
(比較的カサの大きいものや分別の難しいもの)

3.エアコンや室外機などは専門の業者さんが金属類を回収するので取り外しも含めてお願いした。

4.新品かそれに近い作業着、衣類、布団、財布や定期入れ、小物類などは、知り合いや外国から出稼ぎに来ている若い人たちにあげたら喜んで持って帰って下さった。

その結果、正月が明けてからの3日間(1月4日〜6日)で大量の残置物を処分したそうです。
しかし、次々と新しい残置物も出てきているそうです。

例えば、梅干しやラッキョウなどの漬物。
私と子供たちで、樽や瓶詰めを15本以上処分したのですが、さらにデカイ樽や瓶詰めが5本以上出てきたそうです。

母はさすがに疲れが出て、風邪をひいてしまい、この連休中は休養しているそうです。

(次回に続く)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。