FC2ブログ

サラリーマン大家NomansLandの投資日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シェアハウスのゴミ分別トラブル

「ゴミの中身を確認する善意の入居者」(全国賃貸住宅新聞2013年7月1日号/チューリップ不動産 シェアハウス トラブルの現場から)

(抜粋要旨)昨今人気のシェアハウス。やや年配の女性達がハウスの良きまとめ役になって下さるのはありがたい。毎日、共用のゴミの中身を確認し、捨て方の間違っているものを分別して下さる方も。しかし、若い入居者にとっては自分の出したゴミの中身をチェックされているように感じ不快に感じることも。(抜粋おわり)

自宅の近所にあるシェアハウスでは、大学生、留学生が多く入居されています。習慣の違いからちょっとしたトラブルになることも多いと聞きます。

例えば、ある国の留学生さんが、国から届いた食材(日本でもおなじみ)を貯蔵していたところ、臭いに耐えかねて他の入居者から苦情があったとか。

上述の記事の問題は、年配者・若年者・シェアハウスといった状況に限ったものでなく、プライバシーが守りにくい造りのアパート等ではどこにでも起こり得ることでしょうね。

記事の続きで、スマホの普及によりコミュニケーションが便利になった分、苦情からの逃げ場がなくなってより窮屈なコミュニティーになってしまう危険性もあるとのこと。

他人と程よい距離感を保つことの難しさを感じます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nomansland18.blog.fc2.com/tb.php/15-461bb5b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。