FC2ブログ

サラリーマン大家NomansLandの投資日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

主婦大家業は今日も楽し!!―「50歳から始めた、超節約・安心安全アパート経営術」(書籍) 


(蘭木緑 著/風詠社)

専業主婦(ご主人はサラリーマン)の方がアパート2棟(都内と甲府)、RCマンション1棟(熱海)、区分マンション1室(都内)を取得するまでの奮戦記です。

不動産投資に参入するきっかけは、ご主人の海外赴任に付き添って長らく海外で暮らされている間に持家を貸し出すことでローンが済んでしまったことだそうです。

その持家を担保に国民金融公庫(現在の日本政策金融公庫)から融資を受け、半分以上の自己資金も投入して最初の1棟(都内の木造アパート)を取得。

当然そのアパートには抵当がついていないので、これを担保に再び同公庫より借入をして2棟目(甲府の木造アパート)を取得。

これを担保に3棟目(熱海のRC)を取得。

基本的に自主管理、リフォームも極力自力で行ない、登記など通常司法書士さんにお願いする部分も自分でやることによって経費を圧縮するという方法をとられています。これらは比較的時間のある主婦にとってやりやすいと。

加藤ひろゆきさん(6月26日の記事)や松田淳さんの手法に近いものがありますね。

前半は物件取得を中心としたお話で、後半は自主管理される中であった様々な入居者さんとの交流を披露されています。

出会った取引相手や入居者さんへの、女性大家さんならではの温かく優しい眼差しが全編に感じられ、著者が大夜業を心から楽しんでおられる様子が伝わってきます。

著者である蘭木緑(あららぎみどり)さんは一級建築士、宅建主任、インテリアプランナーの資格をお持ちのため、躯体構造・瑕疵・法手続き・リフォームの見方は専門家目線が入っており非常に参考になる一方、誰にでもマネ出来ることではないとも思われます。

ただ、元々こういった資格があったから出来たこと、という感じではないですね。楽しみながら実践する過程で、著者自身が学んだことを勉強にうまく結びつけておられる感じです。

実際、自分だったら怒りを感じて取引を諦めてしまうかも、と思える相手にも粘り強く誠実に向き合いう著者の姿勢に衒いはなく、眼差しは常に温かく感じられます。そして、その経験を「これも勉強」と前向きに生かしてゆく姿勢は自分も見習いたいと思いました。


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://nomansland18.blog.fc2.com/tb.php/26-50811a13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。